ハクビシン駆除で被害を抑えよう~害獣対策のまとめ~

問題が発生する

一軒家

野生生物の一種であるハクビシンは住宅に大きな被害を及ぼす可能性もあります。このことから、ハクビシン駆除を行う人が増えていますが、被害が無いことには駆除できないのがハクビシンの特徴です。このため、ハクビシンを見つけるだけでは一般的に駆除できません。ハクビシンの被害として特に一般的なのが騒音です。ハクビシンは屋根裏や建物の周りを素早く走ります。このため、屋根裏から突然、大きな音が超えることもあるのです。基本的に夜行性の生物です。このため、ハクビシンが夜中に走ることで、騒音が発生することもあるため特に大きな問題となりやすいのです。騒音を抑えるためにもハクビシン駆除が必要になってきます。また、被害の一つに異臭があります。野生生物のため、獣臭の強い個体もいます。このため、建物の内部から異臭を発することもあるのです。ハクビシンがいる間この異臭が続くこともあるため、ハクビシン駆除する必要があります。ハクビシンの被害で特に目に見えて起こりやすいのが、糞です。ハクビシンが糞を住宅の内部に巻くことで異臭や汚れが蓄積されます。衛生的にも糞が撒かれることはよくないため、このような被害があった時はハクビシン駆除を依頼するのも一つの方法です。農業を行っている人にとってもハクビシンは大きな被害を及ぼす可能性があります。ハクビシンによる被害は徐々に多くなる可能性があります。このため、ハクビシンが住み着いているとわかった時は一度捕獲することも大切です。