ハクビシン駆除で被害を抑えよう~害獣対策のまとめ~

生態を把握しよう

ハクビシン

ハクビシンは、害獣となることもあるネコ科の動物です。基本的には、山など自然の多いところに住んでいる生物でしたが、住宅に住み着くハクビシンが増えているこから山を降りて活動するハクビシンもいるようです。このハクビシンは害獣となることもあるため危険性の高い動物です。住宅に住み着いた際はハクビシン駆除を行う必要がありますが、どのような生物なのかよく把握しておくことが大切です。この動物は、タヌキに近い見た目をしている動物といわれ、素早さと柔軟性を持った動物です。このため駆除しようにも動きの速さからなかなか捕獲することができない生物といわれています。成長すると70センチ以上になるハクビシンもいることから、その大きさに驚く人も少なくありません。このため、発見しやすいという特徴もありますが、素早さから姿すら確認できないという事もあります。ハクビシン駆除を行う必要があるほどハクビシンが増えたのはハクビシンという生物が外から持ち込まれたことによるものではないかといわれています。ハクビシンは現在、地域を問わず多数いることからハクビシン駆除を行う人も増えているのです。ハクビシン被害かどうか気になることがあるなら、足あとが無いか確かめるのも一つの方法です。ハクビシンの足あとは5本指が特徴です。このため、そのような足あとを発見し被害があった時はハクビシン駆除を行う必要があります。ハクビシンは外から持ち込まれた生物かどうかはっきりしていないため、駆除の際にもあらゆる条件が必要になってきます。